事務所設立はレンタルオフィスで!
frame_head

レンタルオフィスと貸事務所の違い

レンタルオフィスとは、オフィスとして利用する空間をレンタルしていることで、貸事務所とは少し違います。

貸事務所は基本的にビル全体やワンフロア、1室を貸し出していることが多いですが、レンタルオフィスは、ワンフロアを小さいスペースに分割して貸し出していることが多いです。

少人数から借りることができるにで、起業したばかりの会社に最適です。

レンタルオフィスはパーテーションやブースなどで区分けしているので、部屋の入り口やトイレなどは他社とシェアしています。他社とのコミュニケーションが取りやすいので、情報交換がしやすい環境とも言えます。

機密事項などは漏洩しないように細心の注意を払いましょう。
レンタルオフィスは通信設備やオフィス家具が最初から用意してあるので、引越しも簡単にでき、すぐに業務を始めることができます。

休暇期間中のレンタルオフィスの魅力とは

レンタルオフィスを選びたい時には、休暇期間中の物件の魅力をしっかりと見極めることが重要となります。現在のところ、新規のレンタルオフィスの物件の価値について、多方面の不動産に関する情報誌などで紹介されることがありますが、より多くの契約者の体験談をチェックすることで、何時でも冷静に行動をすることができます。

また、レンタルオフィスの活用術をマスターするにあたり、各地の有力な不動産会社にアドバイスを受けることによって、初心者であっても、短期間のうちに家賃のリーズナブルな物件の特徴を知ることが可能となります。

レンタルオフィスのコストとメリット

レンタルオフィスは、直訳すると賃貸オフィスですが、通常は長期の賃貸契約ではなく、短期間や一時的なスペースのレンタルサービスを言います。レンタルオフィスでは、執務スペースは個室や間仕切りで仕切られて、十分なプライバシーは確保できる反面、給湯室やトイレのような、コストのかかる共有スペースがないので、専有部分の面積当たりのコストパフォーマンスは通常の賃貸オフィスに比べると有利です。

低価格で借りられるということは、都心の一等地など、交通利便性に優れた場所にも進出できるので、移動の交通費だけでなく、移動時間まで節約して効率的なビジネスができます。

有人の受付がある東京のレンタルオフィス

自分が借りている東京のレンタルオフィスの中で仕事をしていると、時には聞きたい事があったり、助けてほしい事が出てくる事もあります。そんな時には、友人の受付がある東京のレンタルオフィスがあるととても便利です。

また、東京のレンタルオフィスの中には、友人の受付が利用できる時間というのは限られている事もあります。夜間も利用する事ができる東京のレンタルオフィスもありますが、一定の時間は受付が不在となる事もありますので、利用可能な時間については調べておく必要があります。しかし、東京のレンタルオフィスでは時間がたとえ限られていたとしても、利用する事ができるというのは便利な事でしょう。

レンタルオフィスの良いところ

レンタルオフィスは、借主側の好きなようにすることができます。例えば部屋の大きさです。自分の好きな大きなの部屋を選ぶことができますので、少人数なら小さい部屋をレンタルすることができますし、大人数なら大部屋をレンタルすることができます。

他にもレイアウトを変更することができますので、個人事業主が複数人で大部屋をレンタルして、パーティションなどで区切れば、別部屋のようにして、作業をすることができます。レンタルオフィスの場合は、登記登録等の必要がないので、一つの部屋に複数企業が入室していても問題ありません。土地が少ない東京や大阪では、有効に利用することができます。

今話題のレンタルオフィス

レンタルオフィスは、業務に必要な執務空間・情報機器等を備えた、「すぐに使える状態」になっているオフィスを特定の条件で貸すサービスです。

不動産物件を借りる場合と異なって、ビルオーナーと賃貸借契約を結んで、ほかで事務所を借りるときより少ないコストで借りられる貸事務所の総称です。

備品の調達や受付など、代行サービスを運営主体側がしている場合も多くて、少人数でオフィス運営する場合、コストを抑えて運営ができることがメリットで、運営側にスペックが決められていて、借りる方の自由度が低いことや、自力で用意した場合と比べて、長期間のコストが高くなることなどがデメリットとして挙げられます。

レンタルオフィスに関連する記事

frame_bottom